恋愛感情は不要、しかし思い遣りは必要

 セックスフレンドと良い関係を続けたいのであれば、相手に対して思い遣りを持ちましょう。あなたにとっては些細な気遣いでも、受け取る相手は喜びを感じます。良い関係は、この繰り返しの延長線上に存在すると考えて下さい。

 しかし、度が過ぎる思い遣りは相手の負担になります。また場合によっては、『恋人になろうと画策しているのでは…?』との疑念を持たせてしまうこともあります。

 こうなると、良い関係を維持するどころではありません。相手が以前よりも距離を取る様になったなら、一度これまでの行動を振り返りましょう。どこかに、距離を取らせるに至った原因が隠れているはずです。

 思い遣りといえど、やはり加減は大切です。交流の際は常に、自分の言動が相手に負担を掛けていないか、観察するよう心がけましょう。

 また、相手選びの段階で“交流を続けやすい人”を選択することも大切です。もっとも可能性が高いのは、既婚者すなわち主婦です。

 大きな変化を求めない主婦は、暗黙のルール(私生活への干渉なし・連絡は最低限)を厳守する相手に信頼を寄せると同時に、関係の継続を希望します。肉体的な相性に左右されますが、運が良いと数か月〜数年の関係継続も期待できます。